ブログの検索順位を上げる方法!伸ばすための5つのコツを徹底解説!

検索順位 上げる方法

ブログの検索順位が上がらないんだけど…
検索順位を上げる方法はある?

こんなお悩みを解決していきます。

本記事の内容

  • 検索順位が上がるメリット
  • 検索順位を伸ばすための5つの手法
  • 検索順位が上がるまでの期間


ブログにおいて検索上位は収益に直結するもので非常に重要。これは実際にブログで稼いでいる人の99%がうなずくことでしょう。


そこでこの記事では「ブログの検索順位を上げる方法」に加えて、
「検索順位が上がるまでの具体的な期間」についても紹介していきます。

本記事をご参考いただくことで、検索順位を上位に獲得することができ、PV・収益ともに大幅にupさせることができますよ。

目次

検索順位を上げるメリット


まずは検索順位を上げるメリットから。

  • 収益が上がる
  • PVが増加する
  • サイトの評価が上がる
  • ドメインパワーが上がる ..etc


上記のとおりです。

主にブログで稼いでいる人は記事を検索上位に表示させることによって収益を獲得している場合がほとんどです。

検索順位が上がれば、サイト全体の評価も底上げされるので、
目指していくべきは記事を書くよりも“検索順位を上げる記事を書く”これが理想的ですね。

検索順位を上げる方法!5つの手法を解説!


今回紹介したSEOに有利なキーワードの入れ方以外にも検索順位を伸ばしていく手段はいくつかあります。

検索順位を伸ばすための手法

  1. 導入文に力を入れる
  2. 記事を分析する
  3. 読者の悩みに応える
  4. 文字数を増やす
  5. 適切にキーワード選定をする

ざっくり見ていきましょう。

検索順位を伸ばす方法①:
導入文に力を入れる


導入文とは記事の初めに書かれている文章のことです。


ご覧のとおりタイトルから目次までの文章を指しています。


実はブログにおいて導入文は記事の中でトップクラスに重要であることをご存じですか?

その理由は、直帰率が検索順位やサイトの評価に直結するからです。

直帰率とは..特定のサイトを訪れてすぐにページを離脱する割合のこと


読者はサイトを開いて
「タイトル⇒導入文⇒本題」と
順番に確認していくのが一般的。

導入文を少し違うな。と思われたらそこで離脱されます。

それを避けるためになるべくタイトルと関連性のある導入文を作成し、読者に記事の続きが読みたい!と思わせることが重要です。


仮にこちらの導入文をでたらめに作ってしまうとサイトの評価はマイナスになり、検索順位は下落する形に。

サイトの評価を下げないためにも導入文に力を入れ、直帰率を減らしていく施策が必要であるというわけです。

そちらの対策を施せば直帰率は大幅に減り、
サイトの検索順位も向上していくことでしょう。

検索順位を伸ばす方法②:
記事を分析する


検索順位を伸ばすためには記事の分析が必須です。

分析の手がかり

  • 記事の順位変動
  • CTR
  • クリック率..etc


分析すべきポイントとして上記の3つ。

記事を”分析”といってもやり方が分からない方もいらっしゃるでしょう。下記からは具体的に解説していきますね。

分析ならサーチコンソール


記事を分析する際はGoogleのサービス「サーチコンソール」を使用していきます。

サーチコンソールの分析ページ


このサイトでは主に記事のクリック率や掲載順位などの具体的な情報が記載されています。

下記のようにグラフで可視化されるのがポイント。

具体的な分析方法


分析方法は下記の手順のとおり。

STEP
クエリを確認


まずは現状の検索順位や表示回数などをクエリから確認していきます。


特定の記事を調べたい方は「新規」⇒「ページ」から「適用」をクリックすればご覧いただけます。

新規⇒ページ


URLを入力⇒適用


クエリで確認できる項目は下記のとおり。

  • クリック数
  • 表示回数
  • CTR
  • 掲載順位



例えば、表示回数が100件に対してクリック数が0だと改善の余地あり。

例の場合はタイトルを変更すれば改善できそうですよね。といった具合にあなたの記事に合わせてクエリから改善すべきポイントを捕らえていきます。

STEP
記事のリライト


次は記事のリライトを行います。

リライトとは…既存の記事を書き直す行為のこと


記事を適切にリライトし、数日待ちます。

STEP
グラフの変動を確認


リライトが完了したら、グラフの変化を分析します。

具体的にはタイトルを変更した場合、「クリック数はどうなったか?」「CTRが向上したか?」など。


上記のようにグン!と伸びたら成功です。


ちなみにリライト直後に記事順位が下がる現象がまれに起こるので、そこは気にしなくてOKです。

また、リライトすればすぐに結果が現れるわけではありません。グラフに変動が出るのは数カ月先になる可能性もありますので、長い目で変動を待ちましょう。


ここではサーチコンソールで分析することを紹介しましたが、より具体的に記事を分析したいのであれば「GRC」「Rank Tracker」もおすすめですよ。

検索順位を伸ばす方法③:
読者の悩みに応える


読者が求めているものを提供しましょう。


結論を先延ばしにしたり、読者の悩みに応えられていない記事を見かけますが、それはNG。

読者の悩みに応えることの重要性をまずは理解しましょう。

先ほど直帰率のお話はしましたが、それと大きく関係していることは言うまでもありませんね。

検索順位を伸ばす方法④:
文字数を増やす


検索順位を伸ばすには、ある程度の文字数を増やす必要があります。


あなたは100文字の記事が検索上位に表示されているのを見たことがありますか?少なくとも私は一度もありません。

2年以上も他サイトのリサーチをしていますが、検索上位の記事はどれも文字数が豊富な印象です。

具体的には2,000文字以上といったところでしょうか。


文字数を増やす行為が検索順位に直結することはあながち間違いではないでしょう。

検索順位を確立しているのは主にGoogleのAIだとされているので、文字数は記事の質を測るための一つの要素にあるというわけです。


とはいえただ文字数が多ければよいというわけではありません。多すぎても逆効果になりえます。

適度に読者の悩みに応え、潜在的な悩みを引き出すくらいが程よいでしょう。

検索順位を伸ばす方法⑤:
適切にキーワード選定をする


適切にキーワードを選定することは検索順位の向上につながります。

具体的には「ブログ 稼げない」というキーワードは競合も多く、検索数も割と多め。

なるべくロングテールキーワードを狙うことを意識しましょう。


キーワードの入れ方の詳細は下記の記事にて解説していますので、詳しく知りたい方はぜひご活用ください。

検索順位が上がるまでの期間


検索順位が上がるまでの期間はご存じですか?

通常、検索順位が向上するまでに3カ月かかるとされています。


こちらは長年ブログを運営して、分析した結果。もちろん、記事によってやサイトのドメインパワーによって前後しますが、3カ月を目安として考えるとよいでしょう。


この検索順位が徐々に変化を見せる事実を知らないでブログを諦めてしまう人がたくさんいます。

長い目で運営していくことが何よりも重要であることをまずは理解しておきましょう。

検索順位を早く上げたい!


早く検索順位上がってほしいな…


できる対策としては以下の2つ。

  • SNS流入を増やす
  • インデックス登録


ざっくり説明していきますね。

SNS流入を増やす


SNS流入を増やすことで当然サイト全体の表かは上がります。

爆発的に流入を獲得できれば「ドメインパワーが増加⇒検索エンジンに評価⇒検索上位表示」という流れも考えられます。

インフルエンサーの方に引用RTされた際に、PV数がいつもの2倍以上増えた過去もあるので、SNS流入はばかになりませんよ。

インデックス登録


インデックス登録をして自分の記事をGoogleにアピールしましょう。

インデックス登録とは…検索エンジンに反映されるために行うこと


インデックス登録はサーチコンソールで可能。


サーチコンソール上部の赤枠に、
URLを入力すればインデックスが登録できます。

ー インデックス前 ー

ー インデックス後 ー


上記の画像のとおり、インデックス登録を完了したらURLが登録されます。


こちらのインデックス登録は基本何度やっても構いません。

なので、インデックス登録は記事を公開するたびに積極的に行いましょう。

あくまでインデックス登録をすれば翌日から検索エンジンに反映されるというわけではないのですが、やるとやらないとでは大きな違いが生まれるでしょう。

検索順位を上げる方法:まとめ


検索順位を上位に表示させるなら以下の5つを試してみましょう。

検索順位を伸ばすための手法

  1. 導入文に力を入れる
  2. 記事を分析する
  3. 読者の悩みに応える
  4. 文字数を増やす
  5. 適切にキーワード選定をする


検索順位を伸ばす行為は収益UPやPV増加につながってくるので、優先的に対策を練っていきましょう。


本記事で紹介した分析ツール「サーチコンソール」以外にも、「GRC」「Rank Tracker」も有名です。

こちらの2つはより細かな検索順位や競合分析が可能。料金は発生しますが、実績のある多くのブロガーは使用していますので、興味がある方はぜひ下記の記事からチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる